えほん大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS キャベツくんシリーズ

<<   作成日時 : 2007/09/01 01:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

分研出版
長 新太 作

なんともふしぎな世界のキャベツくんシリーズ。
「キャベツくん」という本がシリーズの1冊目だと思うのですが、今回は手元に本が無いのでその他の3冊の紹介です。

ブタヤマさんたらブタヤマさん

画像


ブタヤマさんは蝶を採るのに夢中です。後ろからなにが来てもわかりません。
おばけがでても、大きな鳥が来ても、蛇が来ても、気が付きません。
ブタヤマさんたらブタヤマさん うしろをみてよ ブタヤマさん
と声をかけても知らん振り。
「なに どうしたの なにか ごよう」と振り向くときには、なにもいません。


キャベツくんとブタヤマさん

画像


つり橋の上でキャベツくんとブタヤマさんが出会います。
おなかがすいたブタヤマさんがキャベツくんを食べたいと思っていると、
大きな魚が、キャベツくんとブタヤマさんを食べようとしています。
すると大きな蛇、ムカデ、ミミズ、あおむしが次々とやってきて。

キャベツくんのにちようび

画像


にちようびにキャベツくんとブタヤマさんが会いました。
「おなかがすいてフラフラなんだ。キャベツおまえをたべる。」
とブタヤマさんが言うと
「いらっしゃい、いらっしゃい。おいしものがありますよ」
と三匹の大きな猫が手招きするので、付いていくと
広い広いキャベツ畑が現れ、すぐに消え。
猫の軍団が現れては消え。今度は豚。

このキャベツくんシリーズは、ページをめくるたびにふしぎワールドが現れ、吸い込まれていくような絵本です。
チキも大好きで、「ブタヤマさんたらブタヤマさん」は読むたびに大笑いです。
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
長新太さんはおととしぐらいにお亡くなりになったんですよね。一風変わった絵で最初は手にとりにくかったのですが、いつしかとりこに…。
「へんてこライオン」や「ゴムあたまポンたろう」もよくわからないけど、おもしろい一冊です。
ミンミン
2007/09/03 09:01
私にとってもふしぎワールド過ぎて、良くわからなかったのですが、子どもにはすっと入っていけるものがあるようです。
私も一緒に読むうちにおもしろくなってきました。
「へんてこライオン」や「ゴムあたまポンたろう」も読んでみますね。
すみっち
2007/09/03 10:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャベツくんシリーズ えほん大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる